子どもの安全を守る5つのやくそく

おともだちとあそびにいくときには、5つのやくそくをまもってね!

1 ひとりであそびません

そとであそぶときは、かならず、おともだちとあそぶようにしましょう。

2 しらない人についていきません
もし、しらない人に「いっしょにあそぼう」とか「おかし買ってあげるからついておいで」などと声をかけられても、ついて行ってはいけません。

3 つれていかれそうになったら、おおきな声をだします
おおきな声をだして、まわりの人にたすけをもとめましょう。

4 「だれ」と「どこ」であそぶ、「いつかえるか」をいってから、でかけます
そとにあそびにでかけるときは、かならずおうちの人にいってからでかけましょう。

5 おともだちがつれていかれそうになったら、すぐに、おとなの人にしらせましょう
もし、おともだちがこのような目にあっていたら、すぐにおおきな声をだし、ちかくのおとな のひとにしらせましょう。



                                      印刷して活用してくださいね