防犯情報:特殊詐欺について

ページ番号1001816  更新日 平成30年3月1日 印刷 

今回は、「特殊詐欺」について、フーくん・ケイちゃんの質問に、
南堺警察署生活安全課の警察官が分かりやすくお答えします!!

質問1 そもそも「特殊詐欺」って何ですか?

答え1 

電話などを掛けてきて、架空の話を信じ込ませて、お金を騙しとる詐欺のことです。              南堺署管内では「オレオレ詐欺」「還付金詐欺」の被害が多く発生しています。

質問2 「特殊詐欺」でどれくらいの被害が発生しているのですか?

答え2

ビックリしないでね!平成29年の1年間で 

  • 大阪府内:約1600件、約37億5400万円
  • 南堺署管内: 23件、約1憶1400万円 

こんなにたくさんの被害が発生しているんです。 

質問3 悪いヤツらはどんなやり方でお金を騙しとるんですか?

答え3

悪いヤツらは、色々な手口でお金を騙しとろうとします。
例えば、市役所や社会保険事務所、税務署などの公的機関の職員になりすまして、

  • 医療費払い過ぎていますから返金します
  • 払い過ぎた税金を還付します

などと言って騙し、ATMを操作させて被害者が気付かないように犯人側の預貯金口座にお金を振り込ませます。
また、子どもや孫になりすまして電話を掛け、

  • 不倫していた女性を妊娠させてしまった。中絶するお金がいる
  • 会社のお金を横領してしまった。今日中にお金を返さないと訴えられる

などと、子どもや孫を助けたいという親心などにつけ込む手口です。
そして、

  • 他の人に知られるとまずいので、誰にも言わないで

などと言って、周りの人に相談させないようにさせることもあります。
このほかにも、どんどん新しい手口で、人を騙して、お金を取ろうとします。

質問4 騙されないためには、どうすればいいんですか?

答え4

子どもや孫などの家族から

  • お金を振り込んでほしい

と言われたら、とにかくいったん電話を切って、子どもや孫に電話を掛け直してください。
そのときに、

  • 電話番号が変わった
  • 風邪を引いている

などと言われても、いったん電話を切り、子どもや孫に電話を掛け直してください。

ご家族や周囲の人にもお願いがあります。
騙されてしまった被害者は、話を信じ込んでいるので、自分では騙されていることになかなか気づかないものです。
例えば、

  • ご家族や周りの人で普段と違ってお金を送ろうとする
  • 現金を渡しに出かけようとする

など、様子が変だなと感じる場合や、妙に慌てている場合には、声を掛けてあげるほか、迷わず警察に相談して下さい。