平成22年7月14日、OCATビル地下1階にあるポンテ広場において、大阪府警音楽隊のメロディーパトロールによる定期演奏会で、

浪速区の「安全・安心まちづくり」のシンボルマークの発表が行われました。

 このマークは、「浪速区の安全・安心まちづくりを一緒にしましょう」という趣旨をこめて浪速警察署が作成し、浪速消防署と浪速区役所

が共同呼び掛け人となったものです。

 シンボルマークは、浪速区の花「なでしこ」に飾られた安全・安心まちづくりの文字と相まって、浪速区をあげて安全・安心まちづくりに

取り組む姿勢をアピールしています。

 また、浪速のシンボル「通天閣ロボ」と二人の子供、警察官と消防士が笑顔で手をつないで行進している構図は、連携と明るい明日を

イメージしています。

 サブタイトルの

            WE LOVE なにわ

が表す、浪速を愛する心をひとつにまとめて、子供たちが安心して遊び回れる「安全で安心な浪速」を目指すシンボルとします。

 今後、このシンボルマークのように浪速区全体として、連携を強めて「安全・安心まちづくり」の再現につなげていきます。



                                  TOP