千本松渡し

ページ番号1003432  更新日 令和2年6月16日 印刷 

千本松渡船場

 大正区との境界を流れている木津川の河口に近い、西成区のほぼ西南端に設けられ、大阪市が運営しています。

 渡し船は、平日午前6時~午後9時30分(土曜・日曜・祭日は、日午前6時~午後9時25分)まで運航しています。

 昭和48年に、螺旋状に上る橋脚を両岸に築いた千本松大橋(通称めがね橋)が完成し、大正区と結ぶ大動脈となったため渡船利用客は減少しましたが、現在でも1日平均約920人が利用しています。