大正警察署の沿革とシンボルマーク

ページ番号1000643  更新日 平成30年2月23日 印刷 

沿革

写真:大正旧庁舎

  • 大正8年4月 九条警察署から独立し、泉尾警察署として創設
  • 昭和12年9月 旧庁舎を建設、移転
  • 昭和18年1月 名称を大正警察署とする
  • 昭和30年7月 名称を大阪府大正警察署とする
  • 昭和44年3月 署長公舎、単身寮を増築
  • 平成3年9月 現在の大正警察署に移転

写真:新庁舎(上空)

写真:新庁舎外観

シンボルマーク

ロゴ:大正警察署のシンボルマーク

たいしょう区の「た」の文字を、人工島である大正区の本土、鶴町、船町の3つの島をイメージ化し、真ん中の花は、大正警察署が大きく飛躍し、大きな花を咲かせる姿を表現しています。
花は、大正区のシンボルフラワー「つつじ」です。