ここから本文です。

写真:覆面パトカー、パトカー上部のライト、豊中警察署の外観

犯罪認知件数(令和元年11月14日現在)

役所や警察、大手百貨店を名乗る特殊詐欺の電話に注意!!

犯罪認知件数

特殊詐欺(詐欺・恐喝)

92
特殊詐欺(窃盗) 13
車上ねらい 48
部品ねらい 35

※特殊詐欺のうち、「詐欺・恐喝」は「オレオレ詐欺」「還付金等詐欺」等8手口を指し、「窃盗」はキャッシュカードを預かるなどと言って別のカードが入った封筒と入れ替えて盗む、いわゆる「すり替え窃盗」をいう。

※件数は、手集計です。

ご注意

市役所を騙る、警察官を騙る、税務署を騙る、銀行協会を騙るなどして「還付金がある。」「クレジットカードが詐欺の犯人に使われている。」「あなたの持っているキャッシュカードは新規に作り直さないと使えなくなるのでカードを預かる。」「キャッシュカードの暗証番号が必要である。」などの不審な電話には絶対に応じることなく、すぐに切って警察などに通報してください。

また、普段から留守番電話に設定しておいて、知らない登録もしていない電話番号からの電話には出ないようにしましょう。

あなたの大切な財産を守るのはあなたの防犯意識が必要です。

特殊詐欺犯人はありとあらゆる手段と言葉巧みな話術をもって、あなたに忍び寄ってきます。

地域のみんなで、協力し合って特殊詐欺被害にあわないように気を付けましょう。

 

電動自転車のバッテリーが狙われています!

電動アシスト自転車のバッテリーが盗まれる被害が多発!

 自宅やマンション、商業施設などの駐輪場に電動アシスト自転車を駐輪するときは、バッテリーを外すなどして盗難被害を防止しましょう。

 バッテリーをつけたまま長時間放置していると、バッテリーの鍵穴をこじ開けられてバッテリーだけが盗まれてしまいます。

 また、自転車を駐輪する際は、シリンダー錠と合わせてワイヤー錠等も併せて活用するなどして、盗難被害を防ぎましょう。